閉じる

Login

ユーザーネームとパスワードにてログインしてください。

Login

Can’t remember your accounts password?

Can't access your account?

言語を選択

本ページは、以下の言語にて対応しています。

    お住まいの地域を選択してください

    ユークリート 

    高耐久・水系硬質ウレタン塗床材

    ユークリートは、水系硬質ウレタンを主成分とした高機能床材として、1968年に英国で開発、1969年に発売されました。硬質ウレタンの強靱性、耐薬品性とコンクリートの耐熱性を併せ持ち、腐食性の強い薬液がこぼれ落ちる床や頻繁な重量車両の走行に耐える床として世界40 ヶ国以上で使用されています。

    HACCP食品安全プログラム(Food Safety Program)に準じ、稼動する食品・飲料施設に適した床材として、HACCPインターナショナルより認定されています。高い耐久性に加え、施工時の低臭性やバクテリアの繁殖に抑制効果があることから、食品・飲料工場だけではなく、医薬工場、化学工場、整備工場などのさまざまなニーズにお応えいたします。​

    ユークリートは高密度、不透水性を有しており、最も高い衛生水準が要求される環境、最も高い耐久性が要求される製造現場に対して理想的なソリューションを提供します。極度な冷熱温度変化や高い腐食性を有する酸、さらには強い衝撃を床面に与える実験を行った結果、どのような条件下であってもユークリートは損傷を受けないことが実証されています。​

     

    ​​特長

    作業効率:硬化が早く、付着性が良い

    10°Cの低温環境下で僅か5時間後には床が稼働可能になりますので補修工事には最適です。

    高耐久性

    衝撃耐性、摩耗体制に優れ、過酷な環境下においても20〜30年間効果が持続します。

    防滑性能

    様々な要求レベルに応じて防滑性能タイプがあります。

    衛生的

    HACCP食品安全プログラムの基準を満たし、ステンレス素材と同じように洗浄できます。水はけがよく水溜まりが発生せず、カビや雑菌が繁殖しない衛生的な床を保持します。 ​

    耐熱性能熱膨張率が小さく 耐熱温度が高く、熱水や冷水を使う食品・化学工場の他、調理施設、厨房などに最適です ​。
    強靭性

    フォークリフトなどを使う工場や倉庫でも優れた耐久性を示します。

    耐湿性

    付着性が良く、湿潤面(表乾面)に すぐれた付着力が あり(含水率10%以下) ​、改修時の湿潤状態でも 安心して使えます 。​​

    耐薬品性樹脂製フロアにおいては直ぐ劣化してしまう強酸・アルカリ性、油脂や溶剤に対しても強い耐薬品性能を持っています。
    耐静電性望ましくない静電気を逃す伝導性を備えています。
    耐久性

    強靭な性能を持ちつつ揮発性有機化合物質を発しません。

    主な用途​​

    ​環境

    用途

    ​熱水殺菌する床、蒸気洗浄する床、濡れて滑りやすい床、落下衝撃を受ける床、静電気を嫌う床、​薬品を扱う床
    ​食品工場、飲料工場、化学工場、医薬品工場、厨房、給食室など

    「床」に関する問題、新しい施設における床対策について MASTER SOLUTIONS ポゾリス® の専門家にお任せください、詳しくは、ページ上部の「ユークリート問合わせ先」まで。​​​

    ​ユークリート種類

    耐熱水・防滑床: ユークリート UD200SR
    耐熱水・防滑床: ユークリート DP
    平滑剤: ​    ユークリート MF​​​
    耐薬品・防滑床: ユークリート MT​​

    帯電防止床:   ユークリート MFAS​


    ユークリート問合せ先

    野間寛司 Noma Hiroshi

    ポゾリス ソリューションズ 建設化学品事業部・建材営業

    安全な床

    滑らない・転ばない床

    ダウンロード

    ユークリート: ユークリート

    pdf (2.26 Mb)

    ユークリート DP.pdf

    pdf (794.29 Kb)

    ユークリート FL.pdf

    pdf (518.19 Kb)

    ユークリート MF.pdf

    pdf (654.84 Kb)

    ユークリート MF40AS.pdf

    pdf (687.20 Kb)

    ユークリート MT.pdf

    pdf (705.24 Kb)

    ユークリート RG.pdf

    pdf (314.08 Kb)

    ユークリート UD200SR.pdf

    pdf (750.98 Kb)

    ユークリート_タイプ一覧

    pdf (1.95 Mb)

    ユークリート耐薬品性一覧表.pdf

    pdf (74.83 Kb)
    衛生環境 Teaser Image

    衛生環境

    細菌の繁殖はもちろん、床の汚れや揮発物質等による食品への汚染はありません。安全で衛生的な作業環境を確保するには、床面の清掃性が最も重要です。 ユークリートは、ステンレスに匹敵するほど効果的に清掃することができます。ユークリートは高密度で不透水性および非生分解性を有しているため、細菌または菌類の増殖を抑えています。ユークリートは、最高の衛生基準が要求される食品および製薬業界で広く採用されています。

    耐薬品性 Teaser Image

    耐薬品性

    長寿命塗床システムで床面の浸食や軟化が発生しません。強い腐食性をもつ様々な化学物質は、多くの産業で使用されており、床材にダメージを与えます。例えば食品業界では、多くの動植物性食品は非常に腐食性の強い有機酸に変化し、強アルカリおよび無機酸は過酸化物や界面活性剤と共に広く洗浄剤に使用されています。 ユークリートは耐薬品性を有するよう設計されており、化学薬品工場の防液提、排水管、排水槽などに採用され、排水から環境を保護しています。

    <ビデオを見る>

    耐熱性 Teaser Image

    耐熱性

    -40℃から150℃の環境下*でも、軟化、浸食、層間剥離は発生しません。熱による床面へのダメージは、多くのタイプの床に対して、床材の軟化や浸食または層間剥離に起因する不具合の原因となることがあります。これら不具合は特に、温度の急激な変化が発生した場合に起こります。 製造ラインや、野菜の調理ラインから高温の液体が床にこぼれたり流出した場合に頻繁に発生します。定常的に沸騰水に晒されても耐えうるため、ユークリートはこのような環境に見事に適合しているのです。ユークリートは採用される仕様により、-40℃~130℃の耐熱性を有し、偶発的であれば150℃でも耐えられます。

    <ビデオを見る>

    耐衝撃性 Teaser Image

    耐衝撃性

    床のひび割れや剥離が発生しないため、食品の品質を守ります。床の重大な損傷要因の一つが衝撃です。食肉工場内での食肉搬送用フックの落下や醸造所での鉄樽の脱落、メンテナンス作業中の各種器具の落下など、あらゆる形状と大きさのものが突然床面に落下することがあります。ユークリートは高いエネルギー吸収能力を備えた頑丈な床材で、衝撃による損傷が最小限に抑えられるため、バクテリア等が潜む可能性のある亀裂の発生を防止することができます。これらにより食物の安全と長期耐用年数が確保されます。

    <ビデオを見る>

    防滑性 Teaser Image

    防滑性

    作業中のスリップ、つまずき、転落による事故を事前に防ぎます。すべての作業環境で同じ防滑性能が必要とされるわけではありません。 水を利用する作業場では、水やこぼれた液体を排水するために、床は頻繁に濡れた状態になります。一般的には平坦な床の方が転落リスクの観点から安全と考えられますが、排水設備を配備していない床の場合は、転落するリスクを出来るだけ少なくしつつ、排水のための段差や勾配を設ける必要があります。スリップ、つまずき、転落を最小限にするための最適なアプローチが必要なのです。清掃や履物の効果に着目することはもちろんですが、工学的ソリューション、あるいは労働慣行、作業手順の変更が必要な場合があるでしょう。作業場の床を平滑タイプあるいは防滑タイプにするのかを選択するだけでは、必ずしも作業場の安全性に対する明快なソリューションに結びつくとは限りません。だからこそ我々はお客様のニーズに合う最適な床を提案できるよう、様々な表面仕様のユークリートを提供しています。

    早期共用復旧 Teaser Image

    早期共用復旧

    操業停止時間を最小限にすることで損失を低減します。床の改修のために製造ラインを停止することは大きな損失に繋がります。ユークリートは、下地の含水率の影響を受けることなく施工することが可能で、練り混ぜ中も汚染物質を発生しません。低温環境下に適した早硬タイプによって、10℃でも5時間後には作業場復旧が可能です。したがって、製造ラインの停止時間を最小限に抑えることが出来るため、気温が低下する夜間での施工にも最適です。ユークリートは、単なる応急処置としての補修材ではなく、製造ラインの損失を最小限にする最適な塗床材です。

    <ビデオを見る>